WEDDING THEME
日本とニュージーランド
2か国のゲストを繋ぐウエディング

WEDDING DATA

時期
2019年4月
挙式会場
篠山城城下町ホテルNIPPONIA
挙式スタイル
人前式
人数
35名

ニュージーランド人の新郎様と、日本人の新婦様。新婦様の地元・篠山での結婚式をご希望されていたおふたりは、古き良き日本の文化を色濃く残すNIPPONIAを大変気に入ってくださり、大切な一日をNIPPONIAにてお任せいただけることとなり、おふたりとのお打合せがスタートしました。結婚式はもちろんのこと、ニュージーランドからお越しいただくゲストの皆様にも、日本の建物や篠山の街並みを楽しんでほしいというご希望から、ゲストの皆様のご宿泊も古民家ホテルである当館NIPPONIAにお任せいただき、古民家オナエ棟を一棟貸切に。2か国の文化を融合させた素敵な結婚式を創り上げるため、ご準備を進めてくださいました。

街全体のあたたかい祝福に包みこまれた、幸福の時間

一日の始まりは、篠山城大書院で。日本の晴れ姿に身を包んだ紋付姿の新郎様と白無垢をお召しの新婦様が、この日初めてお顔をあわせるファーストミートは、桜満開の中でおこなわれ、まるでふたりだけの世界にいらっしゃるようなロマンチックな時間となりました。おふたりの記念写真撮影の後、新郎様はご家族のルーツでもあるスコットランドの民族衣装をお召しになり、大書院の前で、大迫力の全員集合写真の撮影を楽しまれました。白無垢姿の新婦様と民族衣装をまとった新郎様という2つの文化が合わさった素敵な光景に街全体が感動に包まれ、街をあげて「おめでとう!」と祝福の声が響き渡りました。
あたたかい祝福を受けながら、おふたりはNIPPONIAへ移動され、会場内にて挙式がはじまりました。出身国が違うゲストでも全員が楽しめるように、挙式の進行も【指輪交換】や【誓いの言葉】といった全員が分かる内容にされるなど、おふたりのゲストに対するおもいやりが溢れた素敵なセレモニーに。

ゲスト同士の交流も*一体感溢れるパーティ

パーティ中ずっと通訳の方を一人おつけされ、言語の違いがあってもお互いのゲストがコミュニケーションを図れるように工夫をされていたおふたり。違う国で生まれ育ったおふたりのことをゲストに知ってもらう為、ゲストのみなさまからのスピーチを進行にたくさん盛り込んだり、式後に日本に移住する新郎様に向けたあたたかいエールをゲストの方からから贈っていただいたりと、みなさまの優しさが溢れたとても和やかなパーティに。
さらに、パーティ後半にはゲスト同士が直接交流できるよう、ゲストが2つのグループになり、一列に並んで、お寿司のフィギュアを隣のゲストにお箸でリレーしていくといったゲームがとても大盛り上がりでした!

ゲストが楽しんで食べられるお料理を。
大好物のティラミスケーキにも大満足!

ご提供するお料理も、ニュージーランドからお越しいただくゲストの方のお口に合うようにと、考慮されながらご用意されました。お料理の中のひとつでもあるケーキを使った演出では、ニュージーランドのゲストのみなさまにも馴染みのあるティラミスケーキをご用意!ティラミスは、特に新郎様の大好物だったそうで、お打合せの時から楽しみにしてくださいました。新婦様から新郎様へのサプライズで、新郎様がお好きなキャラクターのフィギュアをケーキに載せたケーキが登場した瞬間、新郎様のお顔もさらに華やかに*「日本で食べたティラミスの中で一番おいしかった!」と大満足のご感想に、新婦様もスタッフもガッツポーズでした。


プランナーより

おふたりの頑張りで、見事にニュージーランドと日本が融合した唯一無二の結婚式が出来上がりましたね!
どこまでもゲストが喜んでくれるようにと考え、一生懸命に準備を進めてくださったおふたりが本当に素敵でした。
おふたりの幸せを心からお祈りしております。
いつまでもお幸せに!