400年の歴史を紡ぐ篠山城下町

兵庫県の中東部に位置する丹波篠山にはいまもなお美しい町並みが残されています。

その歴史は遡ること約400年前徳川家康が豊臣家攻略のために篠山城を築城したのがきっかけです。

その後、篠山城を中心に城下町が整備されました。

2015年秋
篠山城下町ホテル NIPPONIA
OPEN

丹波篠山の風情ある町並みを形作る
歴史的建造物を客室に

城下町に点在する歴史的建造物は
町並みの一角をなすとともに、
丹波篠山の歴史・文化を伝える貴重な財産です

明治前期に建築された元銀行経営者の旧邸宅
江戸末期に建てられた長屋など
その建物がもつ趣はそのままに、
歴史性を尊重してリノベーションし
篠山城下町ホテル NIPPONIAが誕生しました

城下町にとけこむように泊まる体験を

フロント・レストランはONAE棟にご用意
客室はONAE棟を含め、城下町に点在しています

チェックインを済ませたら客室へ
移動しながら、美しい町並みや丹波篠山の暮らしに触れていただけます

先人の知恵と、美意識を
丹波篠山の暮らしの中で体感する

客室にはあえてテレビや明るい照明はご用意しておりません

鳥のさえずりや時を知らせる鐘の音、木々を揺らす風や季節が移ろう気配を感じながら、いにしえの人びとの暮らしに想いを馳せてのんびりお過ごしいただきたいと考えております

これからも丹波篠山の魅力を伝えていく

丹波の山々に囲まれ、自然豊かな篠山盆地
盆地特有の気候で育まれた丹波ブランドの食材
城下町の面影を残す美しい町並み
人々が紡いできた丹波篠山の文化

どれも丹波篠山の宝です

当ホテルはこれからも丹波篠山とともに歩み
丹波篠山の魅力をお伝えしていきます